★車いす

車いすとは?

車いすは、調整して目的に合わせて利用し、生活を楽しみましょう。 靴を足の大きさに合わせ、使用環境に合わせるように、車いすも身体の大きさに合わせ、使う目的に合わせて選択調整する必要があります。できあいの車いすをそのままレンタルするようなことはやめましょう。場合によっては虐待につながりかねません。


商品一覧を見る

車いすでできること

車いすが適切に適合されれば、今まで介助で移動していた人が自走するようになることもあります。 車いす上で姿勢が崩れ、長い時間座っていることができなかった人が長時間にわたって車いすに座っていられるようになります。 車いすは不適切な適合と適切な適合の差が激しく、適切に適合すると、利用者の表情が瞬間的に変化する場面に出会うこともできます。このような経験をすると、この仕事をしていてよかったとつくづく感じる瞬間でもあります。 車いすは移動を支援する用具ですから、人の生活にとってはなくてはならないものです。ていねいに支援しましょう。

車いすの機能表示

ひじ掛けがはね上がり、移乗がラクです。

前すべり防止用の立体構造クッションです。

ノンパンクですが、
クッション性のあるキャスターです。

後輪に取り付けたブレーキを、
押手にあるレバーで操作します。

座面の張りを調整できます。

背中の形に合わせて背張りを調整できます。

足部(レッグサポート)がスイングし、
移乗や介助に便利です。

車輪でブレーキを制御、
軽く安定性があります。

屋外の凹凸のある道でも振動が
伝わりにくいタイヤです。

ひじ掛けの高さが調節できます。